【これから】10/3、10/17「高村薫著『我らが少女A』の舞台・武蔵野の水辺」(主催」小金井市公民館東分館様)

2019年10月3日、10月17日の2回、小金井市公民館東分館様主催の講座にて、橋本淳司が「高村薫著『我らが少女A』」をテーマに水の話をいたします。

1回目の10月3日は、『我らが少女A』のなかから「水に関する記述」をピックアップしつつ、武蔵野の水辺の特徴を楽しみながら考えていきます。

・・・橋本淳司より・・・

「青みのない冬草の土堤を、四両編成の電車が走る。早朝と深夜を除き、平日も休日も、上り下りともに十二分感覚で行き来し、途中、いくつかのハケ(河岸段丘の崖)を横切っている小さな鉄橋では、風切り音を廟廟ち野っ原へ響かせる」

『少女A』には水は出てこないのでは、と思う方も多いと思いますが、ハケ、ハケと鉄道、ハケと道路、水彩画、ターナー、野川公園に立ち込める霧(「野川から湧き出す一面の霧」)などさまざまなキーワードがあります。

そして何よりなぜ野川公園で殺人が起こり、なぜ、この地が舞台になったのかと考えてしまいます。

高村さんが国際基督教大学の卒業生で、この地を知り尽くしているということは、もちろんあるでしょうが、僕はおかしな妄想にとりつかれています。「人びとの記憶の片々が織りなす物語の結晶」を読み、個人の人生は伏流水のようであり、他者との邂逅は湧水のようではないか、だからこの作品の舞台に野川が選ばれたのではないか、と本日歩いて思ったのです。まったくの私見ですが。

・・・・・

2回目の10月17日は、小金井市公民館東分館から武蔵野のはけを下り、野川公園までのミニ散歩をいたします。

詳細は、小金井市公民館東分館様のWEBサイトをご覧ください。

アクアスフィア・水教育研究所