災害など非常時に備える「水道水のためおき方」

 1日分は飲用3リットル+衛生用10リットル

人が、1日に必要な飲み水は最低2リットルだが、被災するとビスケットや乾パンなど乾燥した食べものが中心になり水分が不足しがちになる。

(普段は食べものに含まれる水分を1リットル程度吸収している)

だから1日に3リットル程度の飲み水が必要だ。

また、手や顔を洗うなど、衛生を保つための水が1日に10~15リットル必要。

支援活動が本格化するまでを3日と考え、

  • 飲用9リットル
  • 衛生用30~45リットル

これを水道水のくみおき、風呂の残り湯で備える。

風呂の残り湯の量は各家庭で違うが、一般的な浴槽は満杯時に200リットルの水が入るのでその4分の1の50リットルくらいは残っているだろうか。

このお湯を次に風呂の湯を交換するまで流さずにとっておく。

ポリタンクの選び方

水道水でまかなうのは、飲用9リットルと、口すすぎなどの水。

ポリタンクなど密閉できる容器に入れて保存する。ポリタンクを選ぶときには以下の点に注意する。

1)口が広い(手が入る程度)もの
タンク内部が洗いやすい。内部に汚れがあると水は腐敗しやすい。

2)透明でないもの
太陽光や温度上昇によって、塩素の殺菌能力が低下するのを抑える。

3)いっぱいにしたときに自分の力でもてる
一般的なポリタンクは20リットル入る(満水時の重さ20キロ)が、つかいやすさ、入れ替えの手間を考えると10リットル(満水時の重さ10キロ)、5リットル(満水時の重さ5キロ)のタンクを複数用意するとよいだろう。

4)蛇口がついていると使い勝手がよい

  • 「蛇口つきポリタンク」を使用する・・・「蛇口つきポリタンク」はアウトドアショップ、ホームセンターなどで購入できる。
  • ポリタンクのフタを「蛇口タイプのフタ」に交換する・・・「蛇口タイプのフタ」はホームセンターなどで購入できる。
  • 「蛇口つきポリタンク」を自作する・・・ホームセンターなどで材料を買って自分でつけることもできる(つくり方は後述)。

水の入れ方、入れ替え方

  1. 洗浄したポリタンクをよく乾かしたのち、水道水を少しずつポリタンクに注ぐ。勢いよく水を注ぐと空気が入り、腐敗の原因になるので注意。
  2. ポリタンクの口元から少し水が溢れるまで注ぎ、空気が入らないよう注意しながらキャップを閉める。
  3. くみおいた日付をシールやタグなどに書いてポリタンクに付ける。なるべく暗くて涼しい場所におく。
  4. 使いやすい高さに設置する。
  5. 3日をめどに入れ替えると、そのまま飲用できる。1か月をめどに入れ替えると、煮沸後の飲用となる。ポリタンクに入っていたもとの水は、炊事・掃除などに使う。

 ポリタンクに蛇口をとりつける

【材料】ポリタンク/蛇口/ゴムパッキン/継ぎ手ソケット

【つくり方】

  1. ポリタンクのキャップに蛇口の接続部が入るくらいの穴をあける。ハンダ小手を使ってもいいし、カッターナイフで切り抜いてからヤスリで調整してもよい。
  2. ポリタンクのキャップの前後から継ぎ手ソケットと蛇口を接続する。このときそれぞれの接続部にゴムパッキンを入れ、水漏れしないようにする。

以上のやり方で、日頃から水をためおき、災害に備えるとよいだろう。