水のような生き方「上善如水」 橋本淳司

天地自然の働きに身を任せる

「上善如水」と言うと、ときおり「お酒ですか」と聞かれることがありますが、元は『老子』に登場する言葉です。

『老子』は紀元前403年~紀元前221年の中国の戦国時代に書かれたとされています。正式名は『老子道徳経』と言い、上下2篇81章に渡って教えが説かれています。

作者ははっきりしていません。

中国の歴史書『史記』では、楚の苦県(現在の江南省鹿邑県)、曲仁里の出身の、李耳たん(りじたん)とされています。李耳たんはもともと周の書庫(図書館)に勤める役人でした。周の衰退を見て旅に出ることにしたときに、関所の役人に請われて書いたのが『老子』だとされています。

ただし同じ『史記』のなかでも『老子』の作者候補として老來子(ろうらいし)という別の人物が上げられていたり、「200歳以上生きた」という神格化された伝承も残されていたりと、やはり作者は定かでないと言えるでしょう。

※本稿では『老子』の作者を老子と記します。

老子の言葉には「上善如水」の他にも「和光同塵」「大器晩成」など馴染み深いものが多いのです。

代表的なものは「無為自然」でしょう。

この場合の「自然」はネイチャーではなく「自ら然(しか)る」という働きです。なぜ「自ら然る」のかといえば、万物はみな「道」を内在させているからです。

「無為自然」というと「とにかく何もやらないほうがいい」という世捨て人的な感覚と思われることがありますが、そうではありません。

老子の言う「道」とは「人としてのあり方」を示してはいますが、それ以上に「天地や万物が生み出す根本的原理」という大きな意味をもっています。

この世を動かしている究極の原理のようなものと考えてください。

人間社会のことだけでなく、はるか宇宙に至るまで、ありとあらゆる物の生成や存在が「道」によっていると考えられています。

ですから「無為自然」とは、意図、意思、主観を捨て去り、天地自然の働きに身を任せることを示しています。老子には全編通じて、「多くを求めることなく、作為的なことは行わず、他人と争うことなく、あるがままに生きよ」といったことが書いてありますが、それは人間社会での生き方論を超えて、自然界のなかでの人間の有り様を教えてくれているのでしょう。