台風接近状況別行動チェックリスト

台風は事前に備えることができる災害です。

それによって被害を最小限に食い止めることができます。

事前、接近前、通過時など、状況に応じて行うべきことをチェックリストにまとめました。

フェーズ1《台風発生前に行うこと》

◻地域のハザードマップを入手する

◻近所の危険な場所を確認する

◻自宅の側溝や排水溝を掃除する(つまっていると洪水の原因に)

◻屋根、塀、壁などを点検・補強する

◻庭木の確認と手入れ(倒れる危険はないか)

◻非常用品をリュックサックに入れる(両手がつかえるので)

・防水機能のある懐中電灯(夜間に自分の居場所を知らせることもできる。胸ポケットにさせるタイプ、ヘッドライトだと両手があくので便利)

・予備電池

・着替え

・タオル

・マッチやライター

・救急薬品

・携帯ラジオ

・貴重品(公衆電話に使える10円玉も)

・非常用食料水(飲料水、乾パンやクラッカー、レトルト食品、缶詰、粉ミルク、哺乳ビン、ナイフ、缶切りなど)

・太く書ける黒マジック(被災後、壁などに連絡先やメッセージを書いたり、自分の所有物に名前を書く)

・丈夫な靴(底がしっかりしていて脱げにくいもの)

・軍手 ・使い捨てカイロ ・マスク(土砂災害が起きたのち乾燥してくると埃が出る。ゴーグルもあればうれしい)

・紙おむつ

・生理用品

・厚手のごみ袋 など

 

◻家族で緊急連絡手段、方法、落ち合う場所を決める

◻避難場所の確認

・避難場所が遠い場合、隣近所の2階以上の頑丈な建物に避難させてもらうほうが安全な場合もある

・避難場所までの経路で低いところ(浸水しやすい)、崩れやすい場所はないかなどの確認

◻隣近所の人たちとのコミュニケーション(これは日頃から。あいさつが基本。被災後に安否確認したり作業を助け合 ったりすることができる)

フェーズ2《台風接近前に行うことチェック》

◻情報を確認する

◻庭木に支柱を立てる

◻塀を補強する

◻強風で飛ばされる可能性のあるものはしまうか固定 ・傘立て、傘(傘は凶器になる)

・植木鉢やプランター

・ガーデニングの道具

・ロードコーン

◻窓や雨戸を補強する

◻浸水対策をする

・家電を高所や2階に移動する

・電気のコンセントを抜く

断水に備えてポリタンクなどに水道水を確保する

◻浴槽に水を張るなどしてトイレなどの生活用水を確保する

注)台風で停電すると送水ポンプが動かなくなって断水することもある。マンションなど貯水槽水道を利用している場所では、停電後も屋上などに設置された貯水槽に水があるうちは問題ない。しかし、ポンプが止まっているため水がくみ上げられず、やがて断水する。

◻非常持ち出し品を準備する

フェーズ3《台風接近・通過時に行うこと》

◻外出は控える

◻水のあるところに行かない(用水路、河川、海岸など)

◻低いところに行かない(地下街なども)

◻山や丘を切り開いて作られた造形地、河川が山地から平野や盆地に移る扇状地に行かない

フェーズ4《避難するときに行うこと》

◻火の元、ガスの元栓、電気のブレーカーを落とす

◻戸締りを確認する

◻最小限の持ち物(あらかじめ用意しておいたリュックサック)

◻両手を自由に使えるようにする

◻脱げない靴 作業靴、紐履などの紐をギュッと結んで、中に泥が入らないようにする。水かさが増しているときは長靴やサンダ ル履きだと、最初の一歩で土砂に埋まり、脱げてしまうケースがある。すると裸足で歩くことになり、地面にガラス や鉄筋があると危険。

フェーズ5《通過後に行うこと》

◻落ちついて情報確認 雨が止んで上流方面から水がきて増水することもある。しばらくは家や避難所に止まる。地盤が緩んでいるので十分に注意。少しの雨でも崩れることがある。

◻復旧作業で必要なもの

・マスク(天気が回復してくると埃が舞う。粉塵よけ)

・ゴーグル(天気が回復してくると埃が舞う。粉塵よけ)

・軍手(ゴム製がよい)

・カッターナイフ、ドライバー ・厚手で大きめのゴミ袋(ものを入れて運ぶの便利) ・油性の太マジック(流された所有物に名前を書く、連絡を取り合うなど)

・長靴やサンダルはぬげると足裏をㇿ傷する恐れがあるので、作業靴か底のしっかりした靴がよい

被災後の避難生活、少ない水で健康を保つためのチェックリストを参照

※上記をベースに各自でチェック項目の追加や修正を行ってください。