《報告》2月5日・東京「水道法改定による民営化 私たちのくらしへの影響は?」


2月5日、橋本淳司(水ジャーナリスト、当WEBマガジン編集長)が、東都生協様の勉強会に登壇させていただきました。

2018年12月に改正水道法が可決されました。この改正は、コンセッション方式(国や地方自治体が水道施設の所有権を持ったまま、運営権を民間企業に売却・譲渡するやり方)が促進される内容で、水道料金の値上げやサービスの低下、水質悪化につながることを懸念する声が出ています。

暮らしへの影響についてお話ししました。

主催者様のWebサイトはこちらから。